おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

人は弱いからきっとそのイベントを大事に生きていくのに、弱すぎるとイベントを体験することもできない

ああ、何にしてもお腹が痛い。生理でもないのに。

「子供なんていらないのに」ってアスカの言葉を思い出す。そうだよね。生理なんて終わってしまえばいいのにさ。そしたらもう産まなくてすむっていうか、産みたいかもとかそういうことに惑わされなくてすむ。産んであげたいみたいなおこがましいことを思ったりもするわけで、でも私の子供なんて絶対幸せにしてあげられないから、かわいそうだから、最初から生まれないほうがいいと思う。でもそれが揺らいでしまうときが、若いからか意思が弱いからかわからないけど残念ながらそういう時があって、私は困ってしまう。だから普段から子供を産まないことに関して強固になっておかなければいけない。その意思をべたべたに塗り固めて、何があっても揺らがないようにしなければいけない。

 

体の不調が去ったと思ったら憂鬱がきて、最悪だ。タイミングが全部悪い。

タイミングとか言って言い訳してるだけじゃん、早く動き出しなよっていう声を無視するのも疲れる。本当に苦しいのか自分や他人をごまかすための演技なのかわからなくなってくる。本当の自分とかそういう段階はとうに終わっていて、私は分裂したまま生きなければいけないことを知っている。死んでしまいたい、早く。ていうか終わらせてくれ。

 

日常に終わりがないことが恐ろしい。結婚とか出産という区切りのイベントがないままに進む私は、何を目標にしたらいいのかわからない。でも健常でなければそのイベントはこなせないし、それは人生の支えになる。じゃあ私は支えのイベントもないまま、でも孤独に耐えて生きていかなければならない。人は弱いからきっとそのイベントを大事に生きていくのに、弱すぎるとイベントを体験することもできないんだ。じゃあ八方塞がりじゃん。

 

私には人形町に行く用事もない。お金は少しだけしかない。友達もいない。じゃあそれら全部があったら死にたくないかというとそうでもない気がするから、勝手。全く勝手だ。どうすればいいのかわかんない。答えは一生ないと思う。ごまかしながら生きていくしかないのに、時間だけ多すぎる。時間だけおもすぎて、押しつぶされて死んじゃいたい。