おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

秋だけが近づいてくる。

死は近づいてきてはくれない。

私が近づいて行くだけ。

詩はおりてきてはくれない。

ただ大地から湧き上がってくるもの。

私が感じられないだけ。

 

人生がつらくて泣いている。

何がつらいのか自分でもわからない。

ただ、泣けるうちはまだ大丈夫かもしれないと思う。

静寂だけになった時、私は死んでいる。

20歳もとうに過ぎて、いまだに死ぬだのと言っている。

一生、死ぬまでこうなのだろうか。

生かされているのに、死ぬことばかりに目が向くのは、死んだことがないから。

死んだことがあれば、きっと生きたいと思ったはずなのに。

小さく死ぬ方法もわからない。

 

秋がくるのに、私は。

秋がくるから、私はこんなになっちゃうんだ。