おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

花澤香菜さん使い過ぎ問題~言の葉の庭に響く彼女の声に寄せて…~

大江千里のスーパー名曲「Rain」が使われていることでも有名な映画「言の葉の庭」の感想を読んでいたら忘れかけていた怒りがふつふつと湧き上がってきまして…それは「声優に花澤香菜さんを使いすぎではないか」ということです。

花澤さんのとろけるような、もう声だけで何かが成立するようなひとつの世界が建国されてしまうような声はとても魅力的です。唯一無二でございます。私も「化物語」の千石撫子に出会った時、衝撃を受けた一人です。「え、こんな声ある?」って。これ、撫子がしゃべってるじゃんって思いました。アニメの中のキャラがそのまんましゃべってるような声なんですよ。何を言っているのかわからない人は聞いてください。


恋愛サーキュレーション full

 

はい、わかっていただけましたね。じゃあ進めますよ。

花澤さんの声が素晴らしい声だというのはわかっていただけたと思います。それはもう前提なんです。

じゃあ「言の葉の庭」はどうだったかというとね…私はあんまり好きじゃなかったんですよ…。ユキノさんという年上の女性に翻弄される主人公の、恋と孤悲と乞いの物語であるところのこのアニメ。花澤さんの声は、私には甘過ぎた。「秒速5センチメートル」でその名を不動のものとした新海誠監督の抜擢なのか、音響監督さんのチョイスなのか知りませんが、あのアニメに花澤さんは違いませんかね!!だってさ、ユキノさんはいきなり和歌を口にして去っていくちょっとミステリアスな女性で、少し病んでるんだよ?新宿御苑で朝からお酒飲んでるんだよ?元彼に電話したら彼は蛍族やってるし、新宿御苑という実在する場所をベースにした人間同士のドロドロも入ってくる、描写が細かいリアル寄りのアニメで、どうして花澤さんなのかっていうことだよ。彼女は良い仕事する人じゃないですか。「変ゼミ」で松隆やってるの聞いた時はあの女の子がこんなにうまくなって、めっちゃアニメに溶け込んでるじゃん!いいねーー!!!ってすごく感動したもん。なのにさ、なぜリアリティを重視したアニメで、アニメから抜け出してきたような声を主役に持ってきてしまうのかなあ…それって、本当に花澤さんの良さを活かせてるのかな?

ユキノさんは初登場時こそミステリアスだけど、かなり人間臭いし、最後のほうはもう年下男子に甘えまくってるじゃん。その幼さに花澤香菜合うんじゃないかな、というのは軽率だと思うの。だって、表面的には年上の、読めないお姉さんなわけでしょ?そこをさ、ぐっとこらえて最後の場面が活きてくるのに、最初から甘めの声は違うじゃん!ユキノさんと花澤さんの両方の良さをどこかにやってしまってると思うわけです。

本人に罪はないんですよ、もちろん。ただ、一発当たったからって、キャラクターに合ってない声優を選ぶというのが嫌なんですよ。勿体ないじゃん、お互いにとって。俺妹の黒猫とかね。

あと、本人はいろいろ叩かれてますが、ガルパンのアリサのCV平野綾にはめっちゃびっくりしたよ。彼女はやっぱり声優としてすごい。

あとね、声優がユニット組んで歌ってるの聞いて歌手より上手いみたいなこというオタクの方がいらっしゃいますが、歌手のほうが上手いからね。ちゃんと歌手の歌も聞いて判断してください。もっと歌も声もしっかり聞いて、自分で評価してほしいの。誰誰だからとかじゃなくて、その作品の中でどう輝いてるかだよ。だから私生活を取り沙汰するのも辞めましょう。みんな声で勝負してるんだから。声優さんが本当に声だけで勝負できる世の中になったら良いのにね。

でも、言の葉の庭は最高のアニメだからみんな見ましょう。秦基博の声は最高。おわり。