おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

恋をしていても、人は死への思いから逃れられない

彼の卒業の日、私はというと何にもやっていなかった。ただひたすら眠りこけていた。外出する気力もなく、ご飯の用意すら困難で、ツイッターに何か書きこむのですら大変な労力を要するのだった。

もし私も今年度で卒業だったら、とあり得ないifを考えてみたけれど、だからといって何も変わらなかっただろう。せいぜい飲み会の数が増えたくらいだろうか。

 

どうしてこんなに憂鬱になるのか理由はわかっているんだ。理由に、他の理由がプラスされてもっと苦しくなっている。何かに没頭するしかない。気が散らないように、死から逃げる。映像を見て音楽を聞いて、なるべく頭の中を情報でいっぱいにする。死や憂鬱を見ないふりをする。そうやってやり過ごしていくしかない。

 

彼が私のことを少しでも後悔してくれていたら、思っていてくれたらというようなことを人に話したら、もうちょっと望んでもいいんじゃないかと言われた。自分を安売りってやつか?でももう、私にそんな価値があるとは思えない。けど、その発言を肯定できるほうがきっと他人に大切にされる人間になれる。

ねえ、私の事で悶々としてくれよ。悔やんでくれよ。そしてもう一度電話かけてみようかなとか、食事してみようかなとか、血迷ってくれよ。なんで君はそんなに心が乱されないんだよ。

 

いつも、いつも真面目な人を好きになってしまうから、だからゆっくり恋愛をしなければいけないのに私は待てないのだ。相手はいつも、初めての人と結婚したいというような純朴な青年ばかりだ。もちろん私だってそんな考えを持っているけど、好きになって、あなたへの欲求が抑えきれないんだ。どうしたらいいと思う?諦めるしかないよそれは。

 

また、何年も忘れられない人になるのかな。嫌だな。苦しいな。

 

恋をしていても、人は死への思いから逃れられない。そしてそれは恋が原因ではない。わかってるのはそれだけ。