おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

「天井」の話

ぐだぐた考える。

「天井」の話なんです。

「憂鬱だった いつも目覚めると同じ天井があって

現実だって思い知らされる ここには出口がない」逆光/坂本真綾

という歌詞を見まして。で、私がパジャマにしてるTシャツには

「見知らぬ、天井」

と書いてある。

2019年リリースの「逆光」はFGOというゲームでありアニメの主題歌みたいなんですが、Wikipedia見てもちょっと話が複雑でそれ以上はよくわかんなかったです。すみません。

で、1995年のエヴァ。シンジくんが目覚めると知らないところにいて、目の前には知らない天井。どうも自分の部屋じゃない。それは日常の続きじゃない。

 

言ってることがかなり真逆に近いのかな、と。

いや、FGOは掴みたくても掴めないものをどうにかしようとしているようにその後の歌詞から読み取れるんですが、シンジくんは見知った天井のほうがいいんですよね。ずっと翻弄されているから。

明日どうなるかわからない、だから知らない天井はこわい。

同じ天井から抜け出したい、だって出口がないから。

天井というのはまあ景色とも置き換えられると思うんですが、突破口が欲しいんです。でもシンジくんは変わっていくことに恐怖を覚えている。

でもエヴァやらlainやらAKIRAやら、僕は昔のアニメを見てるわけでなんか全然変われてなくて、シンジくんの頃から進んでないんです。FGOが若者向けに作られた歌詞だっていうのもあるかもしれないけど、少なくとも僕は変われていないし、見知らぬ天井だけどその先に出口があるのかわからなくて、知っている天井を見て出口がないことを思い知る。

「天井」というキーワードだけでずいぶんこじつけて書いたけれども、私のメンタリティはやっぱりシンジくんのままで、変わってほしいとかあんまり思っていない。同じ天井でも別にいい。

ただ「希望は戦争」というように、ある日突然自分にも美しい力が目覚めて、誰かが私を引っ張り上げるのを待っている。ぞういう側面もあるんです。ただ、それはちっぽけな変化なんかじゃなくて、世界がまるっきり変わるような大きな大きな変化です。

それはたぶん自分が消えることと同じくらいの大きさのことです。