おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

美しい映像や絵を見て感心したり嬉しい気持ちになっったりしてそれだけで日々が終わればいいのに

暗い日記。

 

 

私だったらこうされると嬉しいなということを他人に過剰にやってしまって、自分で自分の首を絞めている(比喩のほう)。

私の生き方が正しいのかわからない(もちろん正しい生き方などない、定義されていない)。

そもそもこうやって考えすぎても良いことはない。みんなもっと違うように生きている気がする。私が羨ましいと思うのはもっと自分の身体とよくつながっていて、そして社会的なことをきちんとクリアしていて(それは結婚出産仕事など)、自分の親戚や家族と仲の良い人。

もちろん誰だって弱みを見せていないだけで、問題もあると思う。でも自分の欠点と相手の欠点を比べるのがやめられない。自分は全然持っていない気がする。私の周りの人が優しくしてくれても、それは私の持っているものじゃない。

嫌なことばかり思い出す。悲しくて泣きたくなる。

世間的に正しいことに縛られるのはもうやめるべきだと思っても、どうしても人と話したい。仲良くしておきたい。会いたい。一緒に話したりご飯を食べたり買い物をしたりしたい。誰かとつながっていたい。選ばれたい。本当は誰にも選ばれなくてもいいって思いたい。本当は1人くらいいればいいと思いたい。手に余るくらいの幸せを欲しがるのは間違っている。溢れるほど欲しくはない。感謝されたい。私はどうして誰にも何もしてあげられないのか。ポイント制にしてほしい。安心するから。目に見えるから。

 

誰かの親になってそのことだけ考えたい。自分の子どもの健やかな成長を願い、子育てして。もしくは働いて誰かを支えることができたら。いつも守ってもらってばかりで何もない。頑張りもポイントにしてほしい。うつとか躁とかも目に見えるようにしてほしい。

自分が良い親になれる気がしない。結局家族仲の良い人はたくさん子どもをなし、私はそうはなれない。そうなってはいけない。連鎖が起きる。いつか自分の子どもを羨ましくなってしまう日がきっとくる。朝目覚めたときに後悔するのは自分だけでいい。ああ、子どもをなしていれば。私一人がそう思えば良い。

考えすぎなのだと思う、いつもいつも。もっとシンプルな事柄がたくさんある。でもシンプルすぎるのもこわい。勢いもない。情熱もない。美しい映像や絵を見て、ふむふむと感心したり嬉しい気持ちになってそれだけで日々が終わればいいのに。

本当は褒めてほしい。病気だから子どもをつくらなくて偉いね、いろんなことを諦めて偉いね、生きていて偉いねと。連鎖を起こさない立派な選択をしたのだねと褒めてほしい。友人の子どもは可愛い。だって奇跡みたいなものだもん。好きな友達の半分が入ってるんだもん。でも自分の子は半分が自分で、そんなの許せるわけない。まともなわけない。

子どものいる友人に何を話せばいいかわからない。育児以外のことを話しすぎたら恥ずかしい気がする。まだそんなこと話してるの?って思われたらどうしよう。私は映画とか本のことしかわからない。働いてる時間も長くない。ほぼ家事。語れることが何もない。自分の浅さに驚く。クリムトの描く絵の色彩は美しい。そういったことは生活に根付かず、どうでもいいと言われてしまったら私の全部が崩れる気がする。だから話せない。うまく話せない。だって人生を着実にすすめている人にクリムトや映画が必要なの?必要な人もいるけど、私は着実にすすめていないから所詮その代替でしょって思われたらどうしよう。でも私は音楽や絵や映画を美しいと思う。素晴らしいと思う。文章に勇気づけられる。

寂しい。苦しい。誰と何を話したらいいのかわからない。話したいのかもわからない。自分の中で思考が二転三転する。苦しい。