おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

めぐる

昨日と今日の夜、とにかく泣いた。ティッシュを何十枚も使って泣いた。昔のことを思い出したり、昨日のことを思い出したりして。

何日か前にも書いた気がするけど、早く嫌いになってほしいなって思った。できることなら早く手放してほしい。私のこと、途中でばいばいするならいますぐにそうしてほしい。

私はずっと反省とか後悔をしてたつもりだったけど、今日ある記事を読んで、それはただ自虐をしていただけで、一歩も前に進んでいないのだと思った。自分のことを責めたってなんにも変わらないんだよ。考え方を変えなくちゃ。

私は過剰に期待をしすぎるし、感じすぎるし、見栄っ張りだ。でもきっと良いところもあるはず。自分をほめてあげよう。私は自信を持ってないということを自信にすればいいのかもしれない。

 

やらなければいけないことをスルーしながら、2日連続でステーキを食べても幸せでない日々。おかしいね。美味しいものを食べなくても、一緒に笑ったりとか、映画見て感動したりとか、そっちのほうが良いね。私は、そっちのほうが好きだな。誰かを傷つけず、自分が傷ついて生きていけば良いと思っていたけど、やっぱり自分が傷つくのも嫌だな。本当に子どもだな。

 

同じところをぐるぐるしていますが、現実の私はたぶん少しずつ変わっていっていると思う。人への愛情の持ち方とか。世界の仕組みはわからないけど、わからないままでやっていくというのも悪いことじゃない。分散させることは大事だ。持ちきれない愛情を分散させて、情熱をいろんなところに傾ける。そしてバランスを取る。私はなるべく優しく生きたい。愛して生きたい。誰かのことを愛し、目の前にいる人のことを深く愛したい。それに関しては間違っていると思ったことはない。

私は誰かに望まれている人間ではないかもしれないけど、きっとそのことが少しでも気にならなくなる日を信じて。大丈夫だよ。いつかきっと、また巡ってくる。