おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

あなたのことが大すき。

潮の満ち干きのように

すき、とか

きらい、とか

行ったり来たり

 

オールをこぐ手に

がかさなって

そのあいだだけは

おなじ方向をみていられる

目的地についてしまえば

あなたはまた

瞳を泳がせる

 

白いワンピースを翻して

ももが空気に触れる

かかとについた土も

気にせず

その視線だけが

青く

閉じ込められている

 

遠い昔のパーティー

人波のなか

今日が一番良い日だと言った

思い出に恋したあなたは

海色の瞳を

いつまでも手放せないままで

 

 

「いままで出会った人の中で、あなたのことがいちばんすき」

あなたの瞳に映ったわたしを

何度も

なぞるようにして

みつめていた

 

「だいすき」