おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

18禁ゲームと来週のこと

来週は人に会う予定が三つもあって、普段「はい」とか「なるほど」しか発しない私にとってはとても忙しい週になりそうだ。

どの約束も楽しみで、疲れるけどきっと楽しくなると思う。けれど、自分に幸せな時間がたくさんあるということがなんだか不安で、エロゲを購入することでバランスを保とうと思っている。タイトルはあの悪名高き「さよならを教えて」である(ほめてます)。ダウンロード版が発売され、なんと3000円以下でプレイできるようになっているのだ。価格が高騰しているエロゲは全部こうなったらいいのになあと思う。

高騰していなくても、フルプライスのエロゲは9000円くらいするので、なかなか手が出ない。エロゲ界に全然貢献できてないな…と思いながらも中古を漁る日々である。

そもそもエロゲは私の中で、漫画や映像作品よりも優先順位が低くなりがちだ。欲しいものリストにいれて一年経つ作品とかいっぱいある。きちんと時間をとってプレイしなければいけないし、家でしかできないことが難点だと思う。かといって外でプレイできるようになってもやらないだろう。あと時間帯も大事なのだ。昼間とか夕方はなんとなく気分が上がらず、夜に一人静かにやるのがエロゲなのである。

さよならを教えて」はプレイすると精神に異常をきたす場合があるようなので私の様子がおかしくなったら「エロゲをやめろ!」と注意してほしい。まあいつもおかしいからあんまり変わらないかもしれないが。

 

自分が美しい・楽しいと、必要以上にこれは私じゃない汚れなきゃ傷つかなきゃみたいに思ってしまうの、なんなんだろうか。私はいくらだって幸せになっていいのになあ。