おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

気持ちのガサガサ

今日は気持ちのガサガサみたいなものがない。

早く春になってほしい。そしたら貯金をおろして、ひらひらした全然あたたかくない薄い洋服を何枚も買って、足を出して、かわいいパンプスやバレエシューズを履きたい。スカートをひるがえしながら、大好きなひとのところへ向かいたい。

 

私の好きなひとは誰だろうか。いや、定まってはいるのだけど、範囲が広すぎるのだ。気が多いと言うのだろうか。

私は、女友達でも男友達でも先生でも後輩でも先輩でも恋人でも、とにかくいろんな人が好きで、いろんな人と笑いあいたい。一緒にいたい。本当は見返りを求めずに、相手に尽くしたい。いろんな人とご飯を食べに行って、少しはお酒も飲んで、そのスカートの柄とても素敵だね、先輩は手が綺麗ですね、先生は学生時代にどんな恋をしていましたか、なんて会話をしたい。たくさんの人とお手合わせ願いたいのだ。たくさんの人に出会いたいのだ。

私は寂しいんだろうか?だから人に飢えているのだろうか。それだけなのかもしれない。ただそれだけで、人を振り回そうとしているのかもしれない。

 

それでも、生きてゆく」を5話まで見終わる。音楽に感動して、弟に同情して、おばあちゃんに会いたくなる。

少女革命ウテナ」を見て、「「わたしがいないとあの人だめ」は、「あの人がいないとわたしだめ」ですよね」というようなセリフを思い出す。本当に必要としているのは、自分の存在価値なのかもしれない。存在価値がみんなに配られるといいのだろうか。名札とかに「存在価値:生きてること」とか書いてあるといいのかな。そしたらもっと生きやすかったかなあ。

自分の存在とか死について考えることは最近ずいぶん減ったけど、苦しくなる瞬間はまだたくさんある。どうして苦しくなるのかわからないから、もっと苦しくなる。きっと暇だからいけないのだ、と考えてみても、忙しい時は死にたくなるし、結局どうしたらいいのかはわからない。騙し騙し、進んでいくしかないのかもしれない。

「みんなはどうしてますか?」って聞きたい気もするけど、感じ方には違いがあるから、「え、何その感情」って言われることがこわい。そんなこわい思いをするなら孤独に耐えていたほうがマシかもしれないと思う。

でも耐えられないから、人は本を読むし音楽を聴くしインターネットをするし文章を書くんだろう。そうやって自分を延命させている。