おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

旅行に行くということは現在自分が住んでいる場所に関することをはっきりさせる効果があると思う。家の良さを再認識したり、旅行先も意外と良いなと思ったり。

あとは、荷造りの際に手持ちの服を確認できるし、旅行に行くんだから髪の毛を切っておこうとか洗濯をしておこうとか、色々なことに対する意欲がわく。立つ鳥跡を濁さず。あ、向田邦子は縁起にこだわって旅行前は掃除をしなかったらしい。そういうことにこだわっていた人がああいうことになったのはなんだかとても切ない。

知らない人と話すことは現在の自分の立ち位置をはっきりさせる。

私は学生です、何歳です、今は春休みで今度旅行に行きます、旅行はどこどこに行って、というのも私はアレがとても好きなのでそれを見に行くのです、それつながりで大学はそういう関係の学科に通ってるんです…って自己紹介によって自分のことを再確認する。自分って何にもないな、とか思う。中途半端のほうがまだ良い、中途すらいってない。途中にすら至ってないなって悲しくなる。

明日は薬をもらいに行かなければいけない。毎月毎月きちんと飲んでいたのに、もらいに行くのを忘れていた。私は薬によって保たれているのに。自分を責めるけど起きてしまったことは仕方がない。自分の体と先生に謝りつつ、明日無事薬がもらえることを祈る。

 

今朝はとてもこわい夢を見たのだ。久しぶりのこわい夢。しかも私の夢は妙に現実感があって、何かが追ってくるとか抽象的なものではなく、誰かとの間にトラブルが起きるというものが多い。トラブルの原因はたいてい私だ。夢でよかったなと思いながらも、こわい夢を見た日は一日中それを引きずってしまう。

今日はどうかこわい夢を見ませんように。素敵な夢じゃなくてもいいから、こわい夢はやめて下さい。良い夢見させてくれなんて言わないから。