おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

くり返しで生きていくり返しで生きてくり返しで生きてく

触発されてたくさん日記を書こうと頑張っている。

今日はうろうろした。洋服を見たり本を見たり。でも必要最低限の物しか買わなかった。近頃は物を買うことにずいぶん慎重になっている。物を減らすのに労力がいることを知ったからだ。それに、何が自分に必要なのかわからないのだ。もう持っている気もするし、何も持っていなくて一から揃えなければいけない気もする。結局何も買えなくて、帰途につく。けれどお金がたまるわけでもない。要はお金の使い方が下手なのだと思う。

 

ペーパー・ムーン」を見た。

「お母さん、娘をやめていいですか?」最終回を見た。

どちらも親子の話だ。

親子なんて代替可能だって考えを聞いてからずいぶん楽になった。なんでも自分の都合のいいように置き換えていけばいい。それで生きやすくなるなら間違ってたっていい。

 

なんかもう、気持ちいいことをいっぱいしたい。自分にとって気持ちいいと思うことを禁止せず、いっぱいやろう今年は。気分の向かないことは、やらなくていいことならなるべくやらない方向で。無理して良かったことなんてあんまりないから。たいていは体調が悪くなって心が削られるだけ。心、回復したと思ったらまた削られて、それの繰り返し。それの繰り返しでこのまま先も生きていくとしたら苦しいなあ。人生ずっと苦しいのかなあ。

ある日目の前が嘘みたいに明るくなって、体が少し軽くなって、生きていくのが楽になったらいいのにな。その日がくることを信じて生きてる気もするし、決定打が無いから死なないという気もする。

 

あー頭くらくらするくらい人のこと好きになってみたいし、好かれてみたい。

バカみたいに朝まで歌いたい。

そういう原始的なことをやりたいんだよ、わかるかい。

春休み中なんてなんでも書けるよね、本当に。4月からの私は下を向いてばかりかもしれないのに。