おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

「本当の友達」ってなんだ?

 自分の友達に対して違和感を持つことはありますか。

 私は最近そういうことが何度かありました。こいつ、昔と変わったなと思ったり、話が合わなくなったなと感じたり。お互い違う環境にいるからか、年齢を重ねたからか。それとも私が変わってしまったのか。

 長い間会っていないと、何を話していいかわからなくなります。何年も会っていなくても、昔のように話せるのが「本当の友達」なのでしょうか。

 近頃、この「本当の友達」というものについてよく考えます。そんなの本当に存在するのだろうか。コミュニケーションというのは自己開示しまくればいいってものではないし、何でも話せるイコール「本当の友達」ではないと思う。太宰治人間失格で書いている「世間」のように、「本当の友達」というイメージに私が縛られ過ぎているだけかもしれない。

 けれど、20歳も過ぎて友達がいないというのは、焦る。正直焦ります。遊びに行ったりご飯を食べたりという友達は居るけれど、「本当の友達」かと言われれば違う気がする。わからない。

 知人は「離れていても、何年も会わなくても自分のことを思っていてくれると信じられる相手」がいると言っていた。それが「本当の友達」かもしれない。わからない。

 私はいま、すごく大切にしたい人が何人かいる。そういう気持ちがあればそれでいいのかなとも思う。たとえ、相手が私のことをその他大勢としか見ていなくても、私はその人たちのことが好き。自分が相手を思う気持ちが確かなら、それでいいのかもしれない。

 あなたには「本当の友達」がいますか。