おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

愚痴と変わった愛情表現

 

tigtig8.hatenablog.com

 

 

 読みました。

 愚痴、って心が苦しくなりますよね。いや、私も言う時はあるんですよ。あの人なんなんだーとか、これって私が悪かったのかーとか。でもそればっかり話すのはきついよねというお話。

 最近、高校の頃の友達と久しぶりに会ったのですが、その子がものすごく愚痴を言う人で、とてもつらくなりました。高校の時よりも過激になっていて、会話の8割が愚痴でしたね。人は人を切り捨てなきゃ生きていけないというような話をしていて、私はそんなことはないと思ってるんですが、その子にそう言わせてしまうだけのつらいことがあるんだろうし、実際世の中というのは厳しいものなのかもしれません。愚痴って、楽しいことよりも言いやすいのだと思います。でも、できれば楽しいことを見つけて生きていく人生のほうが良いなあ。簡単に縁を切るとか、そんなこと言わないで生きていきたいなあ。それじゃだめなのかな。

 あと、男の人で弱みを見せてくる人があんまり好きじゃないです。いやいや、それは腹の中にしまっておこうぜって思います。仲良くなったから弱みを見せたり相談したりするというのはもちろん理解できるのですが、いくつも年上の男の人が弱いところを見せてくるといらっとします。甘えんなよと思ってしまうのです。

 この人は受け入れてくれそう、と思われているのでしょうか。この人なら何言っても否定してこないだろうとなめられているのでしょうか。そういった態度に萎縮して、ますます自信を無くしてしまう冬なのでした。(ちなみに本人はこのブログを見ていませんので、どきっとした人がいてもあなたには関係ないです。大丈夫ですよ)

 

 あと、話が逸れるんですが、悪口にしても好意にしてもあまりはっきり言いすぎるのは美しくないですね。最近女の子同士で「私はxxのこと大好きだから~」「私も~」というような会話を聞いて、私にはできないなと思いました。そういうのはたまに言葉にするから美しいのですよ。人前で言いすぎると、なんだか周囲へのアピールのように聞こえます(できない者のひがみでしょうか)。それから、悪口で愛を表現するのも意味不明ですね。「xxはブス」(xxはアイドル)と言っている子に「嫌いなの?」と聞いたら「愛してるがゆえのなんちゃら」と言っていました。最近こういう愛情(愛憎?)表現の形が流行っているのでしょうかね。おわり。