読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

女は化粧をするべきか否か

いまや女性が化粧をするということは当たり前のこと。大学生、早ければ高校生の頃から化粧をする女子たち。

一方の私は、生まれてこの方、お化粧をしたことが片手で数えるほどしかありません。ニキビがひどいし、肌も弱いのでお化粧すると顔がかゆくなってしまうのです。

 

でも、それだけじゃない。そこには精神的な理由もあります。

それは「大人になるのがこわい」ということ。

化粧を覚えるということは生理がくるのと同じくらい、私たちに成長ということを思い知らせます。少なくともわたしはそうです。

そして、生理のときに<女>という性を認めなければならなかったように、化粧をするときには自分の顔をじっくりと見つめなければいけません。顔にコンプレックスを抱える私にとってその作業はつらいものです。

ここで、「男の人はいいわよね」というつもりもありませんが、髪の毛をワックス(スプレー?)で整えたり、化粧水やファンデーションを塗ったりというのは、絶対にやらければいけないことではありません。おしゃれな人や、自分を良く見せたい人はそういうことをする場合もあるでしょう。けれど絶対ではない。そこへいくと女性は、就活の際にメイクをするのは常識でありマナーだとか、高校卒業する頃に化粧品会社の人がやってきて化粧を教えてくれたりとか、もう絶対その壁にぶち当たらなければいけない。

私には姉もいませんし、母も「メガネをかけている人のメイクはよくわからない」と言って、何も教えてくれません。いとこに聞いてみようかとも思ったのですが、私のいとこは、街でモデルをやらないかと声をかけられるような人なので、「教えて」と言えませんでした。「ブスが何言ってるんだ」と彼女が思っていたらどうしよう…そんなことをあの優しいいとこが思うはずもないのに、勝手に想像して落ち込むのは私の悪いクセです。

 

先日大学でこんな会話になりました。

 「髪巻いたり染めたりとか、春休みデビューみたいな子増えたよね」

私「そう?あんまり見てなかった」

 「メイク覚えたての子って、ファンデにムラがあったりマスカラとれかかったりしてて面白い」

 

 

背筋が凍る思いでした。とてもこわかった。

彼女は「ウブな感じがしてかわいい」と言いたかったのかもしれません。でも、かつて自分もそこにいたはずなのに、面白いと言ってしまうのはずるいというか…とても苦しい気持ちになりました。

女子同士は言います。「その服かわいいね」「ちょっと色が暗くない?」「今日化粧してるんだね」「そのチークの色かわいい」「XXも化粧したら?」「その着方ださいよ」…

苦しい。比べられていること、見られていること、私はこれからもっと女にならなければいけない。苦しい。

 

f:id:o-kamininaritai:20140407160633j:plain

f:id:o-kamininaritai:20140407160508j:plain

 

ヒメゴト〜十九歳の制服〜 1 (ビッグコミックス)

ヒメゴト〜十九歳の制服〜 1 (ビッグコミックス)

 

 大人になれない19歳の大学生たちが、高校のときの制服を着て街を徘徊したり、同性に憧れたり、女装したりする話。登場人物を見ていて、「自分は変わらない。変わりたくない。このままでいたい」と考えているのが私だけではないのだと知って、ずいぶん楽になりました。

私と同じ、変わってしまうのがこわい人は、漫画や小説に自分と同じような人をさがしてみましょう。ちょっとだけ楽になります。私にお化粧を教えてくれる人も随時募集中です…。では、さようなら。