読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

働かなくても生きていける人に働く必要はあるのか。

日々のこと 考えたこと

 

わたくしいま学生なので、春休み中でございます。ひたすら本を読み、映画を見て、ブログを書いて、たまに友人と遊ぶという日々を送っています。私自身は非常に充実していると思っています。

けれど、やっぱりアルバイトをしてはどうかという友人がいるわけです。もちろん彼ら彼女らは善意というか、アドバイスとして言ってくれていると思うのですが、私はその言葉を聞き飽きてしまったのです…。だってバイトしなくても生きていけるし…。

もちろん、アルバイトをしている方々はとても偉いと思うのです。遊ぶお金を自分で稼いで、携帯電話の料金やコンタクトレンズの代金を自分で払っている人を見た時は偉いなあすごいなあと思いました。尊敬しました。

同時に、アルバイトがきっかけとなり単位を落とす人もいます。自分でお金を稼げる喜びを覚え、洋服を買い、ついつい深夜までバイトをしてしまう…という学生さんも見てきました。

 

私に働くことを押し付けてくるのはやめてほしいのです。親の援助でどうにかなっているうちは、無理にアルバイトをしなくてもいいのではないでしょうか。体を壊したり、生活のリズムを崩したりするより、学生の本分を大事にする意味を考えるべきだと思います。

適度にやれる方は、やっていいと思います。私はたぶんどっちかしかできない人間なので、学校なら学校、お仕事ならお仕事をやっていたいです。

働く喜びとか、職場の人間関係が楽しいとかいうことは社会に出てから学ぶ…それではだめなのでしょうか。

 

 

とにかくいま、私は働きたくない…。