おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

「式の前日」という漫画を読んで感じたハッピーエンドへの違和感

 

式の前日 (フラワーコミックス)

式の前日 (フラワーコミックス)

 

 ブログタイトルの「感じた違和感」っていうのがすごくモヤモヤするんですが、どう言い換えたらいいのかわかりません。

 

式の前日読みましたー。このマンガがすごい!2013オンナ編に選ばれてたし、なんだかんだ名前を見る機会が多くて。オンナ編って言い方はなんかやだなー女性作家編とかにすればいいのに。オンナ向けみたいな意味にとれる。

 

「泣ける」というのが帯でも裏表紙でも強調されてて、そんなに泣けるのかーと期待。

表紙を見るに、いま流行りのご飯マンガかなと思ってましたが、全然違いました。てっきり「喰う寝るふたり住むふたり」「縁側ごはん」みたいな話かと思ってました。

 

喰う寝るふたり 住むふたり  1(ゼノンコミックス)

喰う寝るふたり 住むふたり 1(ゼノンコミックス)

 

 女性と男性の両方の視点から、マンガが進行していくのが面白いです。Aパートを女性側でやったあと、男性側のAパートも描きます。

 

縁側ごはん (芳文社コミックス)

縁側ごはん (芳文社コミックス)

 

めっちゃお腹すく。 

 

 

表題作である式の前日は、結婚前の女性が描かれてて男の人のためにご飯作ったり手つないで一緒に寝たりするんですが、この男の人は実は旦那さんじゃなくて…みたいなどんでん返しが見どころの作品みたいです。

で、ここからネタバレしますけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そっちか!そっちなのか!って。

私、ずっとこの男の人のこと浮気相手だと思ってました。ていうかそうであってほしかった。で、愛しあうふたりは残念ながら引き裂かれて愛しの彼女は他の男と結婚するまじ人生つらいぜってオチかと思ってたらすごいいい話でした…。

で、他にもいい話がたくさん載ってます。丁寧です、絵も話も。

 

でもね、泣けませんでした。途中で読めなくなりました。けどけど!このマンガがつまらんとか決してそういうことを言いたいんじゃない!

このマンガを読んで気づきました。ああ、私って鬱展開が本当に好きなんだなって。

逆境とか苦悩とかそういうのが無いとお話をお話として見られないんだなって。

浅い人間ですよ…鬱要素があれば深いとか言っちゃいますからね…深いって感想がまず浅いですからね…。

 

いま書いてて思ったんですが、「このマンガがつまらん!」っていうランキングも作ったらどうかな?面白いと思う。って書く前にグーグルで検索したら「このマンガがひどい!」ってランキング作ってる方がいらっしゃいました。一番乗りの発想じゃなかった。

 

というわけで近いうちに私が面白いと思った少女漫画発表します…。ドロン。