おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

別れてから迎えるクリスマス

彼と別れてからもう2週間くらいか…と思ったら10日しか経っていませんでした。時の流れは意外とゆっくりです。

 

今日は友人と出かける予定だったのですが

「いまおきた」

「なんかお腹痛い、ちょっと遅れる」

「なんか知らんけど吐いた。ノロウイルスかもしれないから今日は行けない」

というメールが来て、ソロ活動を余儀なくされました。

 

街をぶらぶらして(ソロ)、「ほぼ日手帳」を買いました。(チェコ好き)さんのブログを見てほぼ日手帳を持つことに憧れていたので、手に入ってとても嬉しいです。早く使いたい!

他にも、友人の誕生日プレゼントやネックレスを買いました(自分用)。

洋服や漫画も欲しいなーと思ったのですが、特にめぼしい物はみつけられず帰宅しました。いやー楽しかったなあ。充実した1日でした!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスイブという行事に一切触れずにここまで書いてきたわけですが、やっぱり、イブは避けて通れません。恋人がいない人ほどイブという日を意識してしまうものなのです。強がって1人で出かけてみたり、どうせあいつらは長くは続かねえよと悪態をついてみたり。恋人がいない人のほうが、よりイブという日を噛み締めながら過ごしているのです、嗚呼このジレンマ…。

だいたい、イブは恋人と過ごす日じゃない!!家族とケーキとか手羽先とか食べてればいい!!営むな!!!!!!!!……

 

 

 

 

 

突然ですが、私は2009年からずっと日記をつけています。日記帳は今年で5冊になりました。たまに、去年の今頃は何をしていたのだろうとページを開くことがあります。

もしかしたら、去年の私は今年の私よりも幸せにクリスマスイブを過ごしていたかもしれない…そう思い、過去4年間のイブを振り返ってみることにしました。

 

 

 

2009年12月24日

男友達の家に行っている。「良い日だった」という記述。

 

2010年12月24日

まさかの白紙。

 

2011年12月24日

地域の「よみきかせ」のボランティアに参加している。洗濯機が壊れた。

 

2012年12月24日

「カップルがこわいので一切外出していない」との記述。

 

2013年12月24日←いまここ

友人がノロウイルス的なものに侵され、1人で街に出かける。

 

 

大して変わってませんでした…。