読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

2016年のふりかえり

2016年はライブにも美術館にも例年よりたくさん行けたし、たくさん書いて聞いて観た一年だった。読む量は少なかった気がするので、今年は純文学を中心に自分が普段読まないものにも挑戦していきたい。 ツイッタ―で自分の映画やアルバムのランキングを書いて…

「シン・ゴジラ」二回目 君たちは、いずれゴジラと戦わなければいけない。 ネタばれ注意

「シン・ゴジラ」二回目行ってきました。日曜日ということもあって満席でした。70歳くらいの女性が4人くらいいらっしゃって、一体何経由でこの映画を見るのだろうと思いました。ゴジラは女性にも人気があるのかな? さて、二回目の感想ですが、正直、私には…

2016年を生きる日本人が見るべき映画「シン・ゴジラ」一回目 気づいたことメモ ネタばれあり

特撮と聞けば、なんだか男の世界というか、私には縁がないんじゃないか、俺には楽しめないんじゃないかと一歩引いてしまう方も多いのではないだろうか。私も特撮に関する知識は全く無く、唯一見たことがあるのは庵野秀明が学生時代に撮ったウルトラマンの自…

花澤香菜さん使い過ぎ問題~言の葉の庭に響く彼女の声に寄せて…~

大江千里のスーパー名曲「Rain」が使われていることでも有名な映画「言の葉の庭」の感想を読んでいたら忘れかけていた怒りがふつふつと湧き上がってきまして…それは「声優に花澤香菜さんを使いすぎではないか」ということです。 花澤さんのとろけるような、…

人をほめたいという欲求と、「ジョニーは戦場へ行った」を見た話。

昨日男の子と話した時に、「狼さんって人にすごく気を遣うよね」と言われた。人をほめるということが多いらしい。自覚はある。かわいいねとか、話を聞くのがうまいねとか、瞳がきれいだねとか、思ったことは口に出したくなるのだ。それは自分が言われたいわ…

最近見た映画

先日、二夜続けて映画を見た。一日目は「戦場のメリークリスマス」。二日目は「レオン」。どちらも前から見たかった作品で、テレビでやっていたのでラッキーだった。 「戦場のメリークリスマス」は、三島由紀夫、北野武、龍一くんの音楽の凄さ、抱擁とキス、…

おおかみこどもの雨と雪について何度も何度も考えた結果。

「コクリコ坂から」って他の人から見たらどんな感じなんだろーと思い検索していたら宇多丸さんの感想を見つけて。で、彼の「おおかみこどもの雨と雪」の感想も読んだ。彼は割とこの作品を評価しているようだ。 一方私は「おおかみこどもの雨と雪」は好きにな…

映画「コクリコ坂から」 感想

遅ればせながら映画「コクリコ坂から」を観ました!監督・宮崎吾朗氏ということであまり期待していなかったのですが(ゲド戦記は最後まで見られなかった)…コクリコは良かった!! 映画のレビューサイトを見ていると、地味だとかストーリーに面白みが無いだ…

最近観た映画など

毎晩のように高倉健の映画があっているので嬉しい。昨日は居酒屋兆治があっていて、ちあきなおみや加藤登紀子が出ていた!ビッグネームの並ぶ映画だった。 しかし高倉健は喧嘩と警察と刑務所が似合う。こんなに出所が似合う俳優がかつていただろうか?レザー…

君が信じてくれれば紙の月もにせものじゃない

昨日見たい映画について記事を書いたのに全部消してしまった…。書き直し。 さきほど「幸福の黄色いハンカチ」を見た。渥美清良かったー!タコ社長も出てたー!高倉健もかっこよかった。九州男児という描写は見てるぶんにはものすごく魅力的だ…。時々はさまれ…

天井桟敷の人々 を見た

BSプレミアムでやってたんでね、見ました。白黒映画ってなんとなくとっつきにくいから「これ面白いんかなー」と最初は思ってました。白黒映画はつまらないのを見ると「白黒ってつまんないじゃん!」となりがちなので面白いものを見るのをおすすめします。た…

美しい心とは

ビューティフル・マインド [DVD] 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 発売日: 2012/09/14 メディア: DVD 購入: 2人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (7件) を見る すごく直接的なタイトル…美しい心って…。 主人公は数学…

映画、クワイエットルームにようこそ「生きるって重いことよ」

映画「クワイエットルームにようこそ」を観ました。久しぶりに「これはなんなんだ」と感じました、あまり良くない意味で。 クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD] 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント 発売日: 2008/03/19 メ…

最近あったことを書いてるだけの記事…。

個人的にトラウマになるくらい後味の悪かった映画7選 - (チェコ好き)の日記 ずいぶん前に上のエントリを読んだのですが、やっと「アンチクライスト」を観ました(記事へのブックマークの仕方ってこれで合ってるのでしょうか…)。 深夜に観るものじゃなかった…

映画「17歳のカルテ」に感じる懐かしさと、一生普通になれないという恐怖。

前回までのあらすじ ブログの執筆者である<狼>ことわたくしは、雨宮まみの「女子をこじらせて」の感想を書いた。処女という観点から最近つらかったことや恋人だった彼のことを書き、満足したのもつかのま…アクセス数800の文字に喜びながらも、ビビる。彼に…

クレイマー、クレイマー 私たちは別れるために出会うのか

さっきBSで「クレイマー、クレイマー」やってたので観ました、初めて。 ダスティン・ホフマン演技うまいなーレインマンと卒業は観たけど、ぜんぜん違う演技するなー。 で、冒頭にも書きましたが私はこの映画を観るのが初めてでした。 以前母に「クレイマー、…

百万円と苦虫女。とにかくこの映画は最後まで見よう。「好きな人とお別れしたって、ちっとも泣くようなことじゃない」

映画「百万円と苦虫女」の感想です。自分の話をまじえながら。 主演・蒼井優、森山未來。 この映画を観る上で大事なこと、それは最後まで観るということです。 絶対に最後までみてください。投げだざずに。 私にはすごく好きな人がいて、幸福なことにお付き…

おおかみこどもの雨と雪の感想

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚) 出版社/メーカー: バップ 発売日: 2013/02/20 メディア: DVD 購入: 4人 クリック: 27回 この商品を含むブログ (38件) を見る 先日の金曜ロードショーで「おおかみこどもの雨と雪」を観ました。細田守監…