読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきくなりたくありません

すきなものはたくさんあります。苦手なものはこころのほつれ。

女の人が怖いのか?

明日は、というか今日は女の子たちと遊ぶ。女の子だけで遊ぶのって久しぶりだし、実はとても苦手だ。女の子と二人きりは結構好きだ。男の人複数人と遊ぶのも平気だ。でも、自分は女の子複数人と遊ぶのだって平気なんだぞという変な見栄みたいなものから遊び…

クラナドは人生、だったはずなんだけど

今日は自分の頭の中を整理できた良い日だった。 偶然の再会。二人がここにいる不思議は、生涯に一度の夜を生みださない。 「君だけに教えてあげるから困ってね」って言ってみたいね、あの人に。 ああ、幸せってなんだろうか。生き急いでる。人はいつ死ぬかわ…

見返りフェードアウト

自分でもわからないくらいに執着している。 あの人の面影を見るからか、それとも他の理由からか。何かから解放されたいのか。 女神になりたいのか? フェードアウトすべきだと頭でわかっていても、できない。このまま、ずっと自分の気持ちを観察して、おさま…

博愛主義は二十歳まで。

私は大きな荷物を持てないのに持ちたがる人間だ。自分は力持ちだと思っているのだ。でも本当はそんなことなくて、むしろ許容量は他の人より少ないのだ。けれど、いつも荷物を持ちたいと思っている。 人をいつまでも許してしまうのは私の悪い癖だ。だから仲良…

2016年のふりかえり

2016年はライブにも美術館にも例年よりたくさん行けたし、たくさん書いて聞いて観た一年だった。読む量は少なかった気がするので、今年は純文学を中心に自分が普段読まないものにも挑戦していきたい。 ツイッタ―で自分の映画やアルバムのランキングを書いて…

あなたの背中を追いかけるつもりでいた

o-kamininaritai.hatenablog.com o-kamininaritai.hatenablog.com どちらも雨宮まみさん関連のこと。こじらせ女子と言う文言が流行っていたということもあってか、どちらも結構な人数の方が読んで下さった(普段は訪問者数2とかなので、その基準から言った…

現実味がない生活

体調良くて久しぶりに飲み会に参加してカラオケも行って、夏休みに向けてあと少し頑張るぞ!なんて思ってたらもうね、学校に行けなくなっちゃったんですよ。教室に入れないんです。なんで?自分でもわからない。何もかも終わってしまう気がする。前までは心…

「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」を読んで感じた抱きしめられたいという気持ち

セックスのことについて書きますので、苦手な人は読まないように。あと「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」の感想があります。 最近セックスしたいなーと思う頻度が増えた。欲もかなりある。生理前とかではなく、そこに据え膳があったからだと思う。結…

桜は好きですか。

桜が嫌いだと言うあなたは、桜の木が全部倒れて目黒川に流れてしまえばいいと言った。 私たちは春の中で、失くさないものまで失くしかけているのだ。

春休みの振り返り

2月はひたすらだらだらだらだらしていましたが、3月はお友達に会ったり、東京旅行したりと楽しかったです。ちょうど同じタイミングで東京に来ていたはてなーの方がいらっしゃったようで…あと2~3年以内にツイッターやはてなで出会った人とオフ会するのが…

朝は神様を信じていても、夜は男の人と笑っている自分が気持ち悪いの

不安なの。不安なの。こうなったらもう、ひとつの魂に還るしかないの。 あばずれとかビッチなんて呼ばれたくないの。こわいの。軽蔑されることが。私のやっていることはそんなに大きなことではないと思うけれど、男の人とご飯に行くことを穢れのように思う人…

悲しみの感度

尊敬している人が去ってしまう。死ぬのとは違うけれど、去るということはとても悲しく寂しくやりきれない。今日はそのことがずっと頭から離れず、泣いたり寝たりをくり返していた。 私が一番傷つくときは、自分自身の悲しみを悲しんでいるときではなくて、誰…

楽なはずなのに苦しい気もする日記!

寝るか食べるかインターネットかという不健康な生活を送っている。休みに入って10日ほど経つが、人に会っていないし、会話もしていないし、外に出ることも少ない。けれど、学校が無いというだけで本当にストレスが無くてびっくりしている。朝起きた時の吐…

人をほめたいという欲求と、「ジョニーは戦場へ行った」を見た話。

昨日男の子と話した時に、「狼さんって人にすごく気を遣うよね」と言われた。人をほめるということが多いらしい。自覚はある。かわいいねとか、話を聞くのがうまいねとか、瞳がきれいだねとか、思ったことは口に出したくなるのだ。それは自分が言われたいわ…

銀河鉄道999が素晴らしすぎた…。

お前は大学をやめたほうがいいのでは…?というようなひどいレポートが完成してしまった…。 しかし!!私は負けない!!もっと良い物が書けるように頑張るんだい…頑張るんだーい!! 最近、電子書籍の無料コーナーで無料漫画ばかり読むというイケナイ行為にハ…

言葉なんかおぼえるんじゃなかった

どこもかしこも雪、雪、雪!私が産まれた日も雪が降っていたそうなので、私は雪は好きだ。でも、寒いのは嫌。こうしてキーボードを打っていても、マウスをカチカチやって麻雀していても、手が冷えて嫌になる。皿洗いも洗濯も、お風呂を入れるのでさえ億劫。…

天気に乱されて

天気の悪い日が続き、それに伴い体調も思わしくない。ゆううつで、毎日ネットばかり見て、やらなければいけないことには手をつけられない。優しい音楽ばかり聞いている。テレビもNHKばかり。 とりあえず、今日は洗濯しよう。 大丈夫。ぎりぎりでも受かれ…

自信のない私に、こんにちは

持っている洋服が、全てダサく見える時がある。それは、大抵心が弱っている時で、そんな時は部屋にある家具もくすんで見えるし、隙間のない本棚にいらいらする。全部捨ててしまえたらどんなに楽だろうと思う。自分をリセットしたい、とも思う。 部屋を片付け…

春琴抄と今日のこと

去年NHKの番組をきっかけに谷崎の「春琴抄」を購入して読んだのだが、今年青空文庫で読めるようになったそうで、私はもう少し待っておけば良かったもったいないなどと思うはずもなく、むしろもう一度購入したって良いくらいこの作品が好きだ(新潮文庫の「春…

去年のあなたの思い出が…(去年の振り返り日記…)

2015年はどんな年でしたか? 私は、私自身というよりは周りの人にいろんな事が起こり、私に関わると不幸になるのでは…?などと思いを巡らせた一年でした。暴力、痴情のもつれ、夜の商売などなど…ちょっと字にするのが嫌になるくらい、漫画かよ!?みたい…

君の首をしめる夢を見た。

最近銀杏BOYZの歌に回帰している。 特に聞くのは「光」という曲。歌詞もメロディも好きなのだ。高校時代の自分を重ねあわせて聞いてしまう。 私は君を救いたいと思うし、私は誰かに救われたいと思っていた。首をしめるのは死にたいからじゃない。結果的に死…

自分への採点

今日は満月だったらしい。 母親いわく、満月の日は体調を崩しやすいのだとか。みんなざわざわしちゃうような落ち着かない雰囲気になるらしい。 私も朝から体調が悪く、お腹の調子も悪く、あまり人と話さないで帰ってきた。帰ってからは黙々とたまっていた家…

夢見ているの

電源コードをはさみでブツリと切られたかのように、スイッチがパタンと切り替わったかのように、私の心は動かなくなってしまった。 眠るのがこわい。明日が来てしまうのを認めるのがこわい。楽しいこと、気持ちいいことだけやって生きていければこんな気持ち…

息を殺さずに

3日前に一番精神が安定している秋などと書きながら昨日の深夜はひどい憂鬱と希死念慮に襲われたのだった。希死念慮という優しい言葉よりはほとんど自殺願望に近いそれは私の体をがちがちに固くし、心を空洞にしてしまった。どれだけ叫んでも何もない。かえっ…

自分へ 1

秋がやってきた。といってもまだまだ日差しの強い日が多い。日が暮れるのはずいぶん短くなって、電車に乗る前は明るかったのに駅を出たら外は真っ暗になっている。 ここ5~6年で一番精神が安定している秋だと思う。年齢を重ねたからなのか、安定した環境に…

壊れる前の音が聞こえるか?

破壊衝動はどうしようもない。つらい現実から逃げたい。 次から次へと問題は尽きない。いや、本当はみんなそうなんだろうけど感じる心が敏感なだけ。 対策はみつからない。「私もそうです」、「僕もそうです」って言い合える相手がいれば変わるか?そうなっ…

軽視してくる人

自分では頑張ってるつもりだったのに頑張っていないと言われたので「そんなこと言われたら傷つきます」と言ったら「…いや、頑張ってる」と言い直された。言ってよかったと思ったけど、空気読めてなかったかなとも思った。そんなにむきになることないじゃん、…

感受性くらい

男の人に頼られることがたまにあって、それは同級生でも年下でもなくなぜか10も20も年上である場合が多いのだけれど、そういう時わたしはうんうんとうなずいて話を聞きながら心の奥では傷ついていることがある。どうしてわたしにこんな話をするのかしら、あ…

おとなになりたくありません。

「おおきくなりたくない。」 そんな私の気持ちをキャッチしたのか、体が上手く機能しなくなった。若い女性に必ずあるものが私には無くなってしまったのだ。けれど、心は依然として敏感である。ちょっとしたことで痛がるし、良い気持ちにさせるにはとんでもな…

また遊ぼうねって

彼女の顔がうまく思い出せない自分に気づいてはっとする。パスタを食べた時も、パンケーキを食べた時も、彼女の向かい側に座って目を見て話したのに。 あれは夢だったのかもしれない。昨日買った洋服屋のレシートも、うまく落書きできなかったプリクラもきち…

映画「黒い雨」がすごい。

やばいやばいやばい。やばいしか言えない自分が情けないくらいやばい。井伏鱒二原作で今村昌平監督の映画、「黒い雨」を見ました。作業しながら観たので、全部きちんとは観られなかったのですが、やばい。名作とか面白かったとかそういう言葉じゃ表せないで…

夏を待ちわびて

この前お友達に「狼ちゃんの字って大人っぽいね~」って言われ、「そうかな?ありがとう~」と喜んでいたら「よく考えたらもうみんな大人か、大学生だもんね」と彼女がつぶやいて、切ないというか悲しいというか複雑な気持ちになりました。 あと、パソコンが…

タン塩食べたい

家の近くの駅にタン塩の定食を出すお店がある。タン塩とご飯とスープとお漬物のセットは、焼肉を食べに行ってもタン塩ばかり注文する私にとってたまらないメニューなのだ。まさに垂涎物である。 ここ2週間くらいそのタン塩のお店に行きたくて仕方がない。し…

自信をなくしたときは

時々、自信がどこかへ行ってしまうようなことはありませんか?自分の持っている洋服が全てダサく思え、肌は荒れ、髪はぼさぼさで、体型もひどく醜く思える時がありませんか?そういう時、私はとても困ります。混乱します。全てを捨てたくなります。 「貯金を…

桜の飴

みなさんは井上陽水の夢の中への歌詞の2番を見たことがありますか?私は遥か昔におもしろフラッシュ倉庫で1番だけ聞いたことがあったんですが、最近何かのきっかけ2番の歌詞を見まして…衝撃を受けました。 1番「探しものはなんですか?見つけにくいものです…

化粧という鎧

新年度が始まりましたね。みなさん疲れていませんか?すでに負けそうになっていませんか? わたしは少しずつですが社会に戻っていっています。苦しいと感じる時のほうが圧倒的に多いですが、涙がでるほど心があたたかくなる時もあります。なんとかやっていこ…

幸福

先日宝くじを買ったのだけど、まあ見事に当たらなかった。今度はもう少し多めに買ったら当たるんじゃないかと思う。 幸福がこわいというのは甘えなのか? 私は今日、自分が満ち足りた生活におびえていることに気がついた。嫌なことのない世界、大きな動きの…

心臓の鼓動はこころがうごいた音だ。

心臓の鼓動はこころがうごいた音だ。 先輩の声が好きだ。私がいままでに聞いたことのない声をしている。透明感があるとか、優しいとか切なげなとかそんな言葉だけでは表現しきれない声。私の体の中にするりと入ってきて、目とか耳とかこころとかを操ってしま…

感情は私を照らし続け、言葉は時に私を縛った

負の感情について書いた記事に星がついてびっくりしている。自分では何がいいのかよくわからないけれど、星がついているのだから何かにひっかかったのだ、たぶん。 私はずっと「あなたのせいで」とか「XXXのせいで」という感情は持ってはいけないものだと思…

自分が正しいかどうかにこだわりすぎるのは美しくないのに

去年、椎名林檎のライブに行った。ライブ中はキャバレーにいるような気がした、行ったこと無いけど。キャバレーやストリップに行ったらこんな感じなんじゃなかろうか(雰囲気がエロティックで、ひたすら派手だったという意味で)。 私は結構良い席がとれて、…

考えすぎだよ、とみんなは言った。

最近、幸せなんじゃないかと思う時がある。 幸せな人ってそれをずーっと感じてるものだと思ってた。どうやらちがう。幸せはふとしたときに思うもの。本当に平和な人は自分が幸せだなんて思わない気がする。 平和だと何も浮かんでこない。毎日何かしらやるこ…

今年という年

みなさんのブログを読んでいると、今年を振り返られている方が多いようです。 私は、お酒が飲めるようになったり選挙に行ったりと、今までとは違うことを受け入れる年でした。まさに激動の一年と言ってもいいくらいに色々なことが動き(そういえば18の時もそ…

おおきくなれませんか

これから何日かブログが更新できないので、寂しい。更新できなくなると更新したくなる不思議。 母にあたってしまって憂鬱。同時に、私も母の激情的な部分を引き継いでいることを再確認して憂鬱。ヒステリックが一番いやだ。反省しよう反省しよう。 私は見え…

深夜高速からアカボシ

悲しい気持ちを思い出したのだ。 最近やたらと旅行に行くこと考えている。新幹線でちょっとリッチに、ローカル線やバスでゆったりした旅なんていうのも素敵なのだが本当は自分で免許をとって深夜高速を走りたい。お気に入りの音楽を流しながら、いつもよりス…

貯金箱が好きだ

ずっと貯金箱が欲しいなと思っていた。私はけっこう貯金が好きで、以前は銀行から貰った犬の絵が描いてある貯金箱を使っていたのだが、だいぶん貯まったので缶切りで開けて中身を預けたのだ。それからずっと素敵な貯金箱を探していた。100円ショップに売って…

とにかく社会に復帰しないと

徐々に社会復帰をすすめていっているわたくし、狼。 社会復帰の中で「あーこれだいぶん復帰していってるな!」と自分をほめたくなるときがあります。最近だとウルフルズのライブに行ったときです。ウルフルズはNHKで流れていた「ええねん」という曲からハマ…

最近読んでいる本など

日本の風俗嬢 (新潮新書 581) 作者: 中村淳彦 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/08/09 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る 「日本の風俗嬢」を読んでいる。著者は中村淳彦という方。名前のない女たちシリーズの人。 ピンサロソープデリ…

ランキング1位の君

好きの形が変わることは悪いことじゃない。 好きなんて気持ちはしょっちゅう変わる。私の中の大好きランキングが変動することは日常茶飯事で、さっきまで大好きで一番会いたいと思っていた人よりも今はうどんが好きなんてこともある。 でもそれでいい。 たま…

くらし 9月も終わりそう

金曜日 定食屋でお昼ごはん。調子にのってL定食を頼んでしまい、お腹がはちきれそうになる。店員さんが川上未映子先生似の美人で、幸せな気分になる。美しい人というのは人を幸せな気持ちにするので、すごいと思う。私は美しくないけれど、人を幸せな気持ち…

心のなかで隕石が落ちた日

昨日、ひこうき雲を見かけた。薄暮の中のひこうき雲は、燃えるように真っ赤できれいだった。 「ひこうき雲だよ、見て」 「あ、本当だ」 「真っ赤やね、燃えてるみたい」 「もしかしたら隕石かな」 「え、隕石…。隕石落ちたらどうするの」 「さあ…」 「もし隕…